蚊取り線香の季節

こんにちは!梅雨ですね・・・湿気ますね・・・ジメジメしますね(-_-)主婦の方はお洗濯に困りますね。。。乾きません(-_-)
この時期はうまく乗り越えていきたいところですね!!
さて今日は、最近から蚊取り線香を使用しました。ふと蚊取り線香ってなぜ渦巻き??と疑問に思い、調べてみました。
昔は渦巻き状ではなかったのですが、棒状の製品は1時間ほどで燃え尽きてしまうことや、倒れやすく火事の原因になるといった欠点がありました。
その解決策を探っていたある日、英一郎の妻・ゆきが「渦巻き状にしたらどうです?」と一言。に渦巻き状の蚊取り線香「金鳥の渦巻き」が世に送り出されました。 1時間だった燃焼時間は6時間まで長持ちするようになり、高温で燃やすことで成分を広範囲に飛ばし、優れた殺虫効果を発揮。日本の夏の風景に欠かせない、ヒット商品となったそうですよ(^^)/


ここで蚊取り線香を用いたクイズを1問!!
皆さんも考えてみてくださいね(*^-^*)

『問題』ここに1時間で燃え尽きる蚊取り線香があります。 この蚊取り線香を使って、45分を計るためにはどうしたらいいでしょう?
※蚊取り線香は何個使っても構いません。








『答え』蚊取り線香を2本用意します。

  左の線香には片方に火をつけます。右の線香には両方から火をつけます。 30分後には右の線香が燃え尽きて、左の線香が半分残ります。 そのまま燃えると、30分で燃え尽きますが・・・ もう一方にも火をつけます。 すると、15分で燃え尽きるので、合計45分たったことになります。


新着物件 - 買いたい方

    マンション

  • 新着 おすすめ!
    580万円

    明石二見ハイツ

    4DK / 62.15m2(壁芯)

    明石市二見町福里土山 徒歩13分

おすすめ物件 - 買いたい方